日本教育情報学会で発表しました。

論文集

日本教育情報学会
https://jsei.jp/home/
第37回年会 課題研究「遠隔教育研究会」にて発表しました。
「個の進度に合わせた学習を可能にする『GIGAスクール端末』導入の現状とその考察
 ープログラミングリモート授業の実践を通してー」

・GIGAスクール端末に関するアンケート(3月・5月・7月)集計結果の考察
・1人1台端末を使ったプログラミングリモート授業の事例
などについて。

今話題になっている「オンライン授業」についても追加して話したところです。

Python for micro:bit 講座

Python講座

7/25(日)大分市情報学習センター「情学市民フェスタ」にて、
・micro:bit 講座(応用編)
の講師をしました。

内容としては、
・micro:bit を Python言語でプログラミングする。
・ロボットカーCutebot を声で操作する。
などを行いました。

対面とオンライン参加のハイブリッド型でした。
コードの打ち込みにみなさん苦労していましたが、自分の声でロボットカーが
走るとうれしそうでした。

セミナー講師をつとめました。

講座の様子

6/28(月)大分市情報学習センターで
「情報教育の現状〜学校教育・社会教育における〜」の講師をさせていただきました。

・GIGAスクール端末に関するアンケート(2021/3、2021/5)結果
・大分市社会教育課実施の市民アンケート・他都市調査結果(公開情報)
を分析しながら今後の情報教育のありかたについてお話しました。

評価は4.3/5.0とやや低かったですが、お話だけ2時間というのは久しぶりなので緊張しました。

micro:bit v2 + リモートチャレンジ講座

ハイブリッド型講座の様子
リモートチャレンジ

2/11(祝日)に、大分市情報学習センターにて、
・micro:bit v2 + リモートチャレンジ ハイブリッド型講座
を行いました。

対面での参加者と、オンラインでの参加者(北海道から九州まで)と同時に、

・最近のGIGAスクール構想と12年間を見通したプログラミング教育の話
・最新のmicro:bit v2の機能をメインにしたプログラミング実習
・リモートチャレンジ
 ・・・オンライン参加者がつくったプログラムをファイル送信してもらい、会場にあるロボットカーをそのプログラムで動かし、カメラで確認する。

などを行いました。

アンケート集計も、Googleフォームを使ったオンラインで。
評価は4.9/5.0点をいただき、ほぼ満足いただいた(オンライン参加者は5.0/5.0点)ので、ほぼ目標を達成できたと思います。

同内容で2/27(土)にも実施しますので、申し込みしてみたい方は、
大分市情報学習センターまでお問い合わせください。(オンライン参加は無料)
https://omc.manabi-oita.jp/

クリスマスフェスタにてmicro:bitハイブリッド講座

ハイブリッド型講座の様子

12/20(日)大分市情報学習センター「情学Xmasフェスタ」の1講座として、
「micro:bit プログラミング」
・初級編 ・・・ブロックプログラミング
・応用編 ・・・Pythonプログラミング
の講師をしました。

対面とオンラインのハイブリッド型、今話題のGIGAスクールについての話、
新しいmicro:bit v2 のデモサンプルプログラムの紹介など
行い、北海道から九州までの参加がありました。

第46回全日本教育工学研究協議会全国大会で発表しました。

大会冊子など

第46回全日本教育工学研究協議会全国大会 鹿児島大会
http://conv.jaet.jp/2020/
で研究発表しました。

「オンライン授業から『ハイブリッド型』授業へ
-with コロナを見通したこれからの授業のあり方に関する提案-」
上記サイトの論文集290P

この半年Webアンケートで回答いただいた内容の分析と講座で取り組んできた「新しいハイブリッド型」について話しました。

「テレワーク基礎講座 」「オンライン会議・授業講座」

公民館講座

大分市中央公民館からの依頼で、
・テレワーク基礎講座
・オンライン会議・授業講座 計3回(10/6, 10/14, 10/23)の講師をしました。

のべ30人近く参加(定員いっぱい)がありましたが、
一般の方々のオンラインへの関心が高いことがわかりましたし、
オンラインへの入り口のところ(まずアプリのインストールから習いたい)が大切、
ということがとてもわかった講座でした。

ハイブリッド型講座の「今の形」

ハイブリッド型講座

8/30(日)に「ハイブリッド型」micro:bit(Python)講座を行いました。
・オンライン参加
・実習室にオフライン(対面)参加
合わせて20名近くになりました。

・講師も受講者も全員オンラインで参加する。
ハイブリッド型です。オンラインで個別に参加した方々の反応もよく、オフライン(対面)で参加した方々の様子も実習室全体を写すカメラ経由でZoom画面に追加して一体感をもたせるようにしました。

micro:bit(ブロックプログラミング)→micro:bit(Pythonプログラミング)の内容を扱いました。