「テレワーク基礎講座 」「オンライン会議・授業講座」

公民館講座

大分市中央公民館からの依頼で、
・テレワーク基礎講座
・オンライン会議・授業講座 計3回(10/6, 10/14, 10/23)の講師をしました。

のべ30人近く参加(定員いっぱい)がありましたが、
一般の方々のオンラインへの関心が高いことがわかりましたし、
オンラインへの入り口のところ(まずアプリのインストールから習いたい)が大切、
ということがとてもわかった講座でした。

ハイブリッド型講座の「今の形」

ハイブリッド型講座

8/30(日)に「ハイブリッド型」micro:bit(Python)講座を行いました。
・オンライン参加
・実習室にオフライン(対面)参加
合わせて20名近くになりました。

・講師も受講者も全員オンラインで参加する。
ハイブリッド型です。オンラインで個別に参加した方々の反応もよく、オフライン(対面)で参加した方々の様子も実習室全体を写すカメラ経由でZoom画面に追加して一体感をもたせるようにしました。

micro:bit(ブロックプログラミング)→micro:bit(Pythonプログラミング)の内容を扱いました。

リモート研修を行いました。

リモート研修の様子

8/28(金)前週リモート授業を行った東洋大学付属牛久中学校高等学校の先生方50名ほど向けに、大分県と茨城県をネットでつないで、リモート研修を行いました。
・小学校~高等学校まで見通したプログラミング教育についての講義
・micro:bitを使ったプログラミング学習の体験実習
についての研修でしたが、

それぞれの先生方がZoomで私とつながり、チャットでやりとりしながらの研修を実施することができました。

リモート授業を行いました

リモート授業

8/21(金)大分県にいる私と、茨城県にある東洋大学付属牛久中学校をネットでつないで、リモート授業を行いました。
・micro:bitプログラミング
について、3時間の授業の中で、
・まねる段階
・変える段階
・つくる段階
の、プログラミング学習の三段階を体験してもらいました。

くわしくは、牛久中学校のサイトで公開していただいています。

ハイブリッド型講座を実施しました。

ハイブリッド型講座

8/16(日)に、大分市情報学習センターのイベント「情学市民『夏』フェスタ」の一つのプログラムを、ハイブリッド型講座として担当しました。
・実習室への「オフライン参加者」
・ネットを経由した「オンライン参加者」 を組み合わせたものです。

講師である私も、実習室の後ろからZoomへ参加してそこに、オンライン・オフライン参加者とも参加することで、同じように参加できることがわかりました。

ハイブリッド型研修のテスト

講座の様子

6/28(日)オンライン参加とオフライン参加(教室)を併用した、ハイブリッド型研修のテスト(データとり)をメインに、大分市情報学習センターにて、「micro:bitとPython」の講座を行いました。

ハイブリッド型は初めてでなかなかうまくいきませんでしたが、振り返ってみて
・オンラインをメインにオフライン受講者が参加する
 教室でも受講者はそれぞれZoomに繋いで参加し、自分で取り組むスタンスを事前に確認しておく。
・オフラインをメインにオンライン受講者が参加する
 オンライン受講者には、「自分で取り組む」スタンスを確認しておく。
といった、どちらに軸を置くのかはっきりしておくことが中途半端さを生まないポイントだと思いました。